FC東京 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

FC東京 2016 ユニフォーム ホーム 半袖

【デザインについて】
1.FC東京は2015シーズン、2年目のマッシモ・フィッカデンティ監督のもと1stステージで2位に入るなどJ1で上位争いを展開します。
2.最終的には年間4位に終わり、惜しくも明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップへの出場は果たせません。
3.新ユニフォームのコンセプトは、『”EX(エックス)-energy(エナジー)=みなぎる力” ~東京から世界へ~』というものです。
4.メーカーロゴは刺繍です。
5.スポンサーロゴはラバープリントです。
6.クラブカラーである青と赤を基調に、伝統的なストライプ柄を都会的にアシンメトリーに配置。また差し色として引き続きゴールドを使用し、両肩には大きなXの字が入れられています。
7.身頃には漫画の集中線を思わせる放射状のグラフィック。これはFC東京を象徴する躍動感のある力強いプレーを表現しており、東京からアジア、そして世界へ大きく飛躍する姿をイメージしたものです。
8.2015モデルに比べると、青と赤にいずれも明るい色をチョイスします。

FC東京2016ユニフォーム

(購入したいなら、画像をクリックしてください)

マスコットの東京ドロンパを紹介!

マスコットの東京ドロンパを紹介!

東京ドロンパは、Jリーグ・FC東京のマスコットキャラクターです。

 

1998年10月1日、港区麻布狸穴町で生まれた男の子です。長寿系の狸一家の12代目として生まれたのです。東京ドロンパの体毛は黄土色ですが、眉毛は普通の黒で、目の周りや尾が青赤のFC東京カラーとなっています。人間に化けても、青赤の尾はそのまま残り、頭頂部にも前後に青・赤・青の三つの突起があり、これもまたFC東京の申し子的な容姿となっているのです。

 

 

狸の世界では誰もが認める東京ファンである。そんな彼にオフィシャルマスコット招聘のオファーが届き、チームマスコットとなった。右腕に青、左腕に赤のFC東京カラーのサッカーユニフォームを着用しました。背番号は1068を入れました。またアディダスの黒いスパイクを履いていました。さらに彼のユニフォームは季節によって変えています。彼はサッカーをプレーし、「すげ!」というポーズをつけ、かっこいいですよね。自身のYoutubeチャンネルを開設していてます。