マスコットの東京ドロンパを紹介!

東京ドロンパは、Jリーグ・FC東京のマスコットキャラクターです。

 

1998年10月1日、港区麻布狸穴町で生まれた男の子です。長寿系の狸一家の12代目として生まれたのです。東京ドロンパの体毛は黄土色ですが、眉毛は普通の黒で、目の周りや尾が青赤のFC東京カラーとなっています。人間に化けても、青赤の尾はそのまま残り、頭頂部にも前後に青・赤・青の三つの突起があり、これもまたFC東京の申し子的な容姿となっているのです。

 

 

狸の世界では誰もが認める東京ファンである。そんな彼にオフィシャルマスコット招聘のオファーが届き、チームマスコットとなった。右腕に青、左腕に赤のFC東京カラーのサッカーユニフォームを着用しました。背番号は1068を入れました。またアディダスの黒いスパイクを履いていました。さらに彼のユニフォームは季節によって変えています。彼はサッカーをプレーし、「すげ!」というポーズをつけ、かっこいいですよね。自身のYoutubeチャンネルを開設していてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です